仕事とマインドフルネス:Mindfulness and Well-being at Work


マインドフルネスの効果が期待出来る分野として、

  • Health Care(医療)

  • Education(教育)

  • Work(労働)

の3つの分野がよく取り上げられます。

今日は、この中で、マインドフルネスのWork(労働)への導入を話し合うカンファレンスがUC Berkeleyでおこなわれましたので参加しました。


会場は200人を超す参加者でほぼ満席、最初にどのような背景の参加者であるか質問があり、参加者が挙手。企業関係者(CEOやHR担当者など)、医療関係者、大学などの研究者、NPO関係者、マインドフルネ関連のビジネス関係者などが参加していることが分かりました。

キーノートスピーチでは、“The Emotional Life of Your Brain”の作者でもある Richard J. Davidson氏が口演し、マインドフルネスの脳への効用を分かりやすく説明してくれました。(The Emotional Life of Your Brainは、茂木健一郎氏の訳で“脳には、自分を変える「6つの力」がある。―前向き、共感、集中力、直感…etc.”という題名で日本でも出版されています。)


マインドフルネストレーニングをおこなうことで、Change brain circuit脳の回路が変化する、神経細胞のPlasticity可塑性があがる、Modulate脳のバランスを調整するなど、脳への直接の効果があるということでした。また、Mind wanderingの状態は、仕事の生産性が上がらないだけでなく、幸せにならないnot happyことを実験などのエビデンスを用いて説明してくれました。

HappinessをNeuroscience脳科学とPsychology心理学の側面から研究しているDavidson氏ですが、

最後に、例として、ダライラマと日本の科学者とのやり取りエピソードを紹介していました。

Japanese scientistがダライラマに「これまで一番幸せだった時はいつですか?」と質問したんだ。

ダライラマは、すぐにこう答えたよ「Right Now!(今、この時だ)」と。

このエピソードは以前、CNNに出演した際にも紹介しているようです。

その時のTranscriptはこちらhttp://edition.cnn.com/TRANSCRIPTS/0611/26/se.01.html

DAVIDSON: The Japanese scientists said your holiness, there's one question I've really been wanting to ask you for a long, long time. Please tell us about the time in your life when you were the most happy, which I thought was kind of an interesting question to ask the Dalai Lama. And just like that, the Dalai Lama said right now.


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts